AGA治療を専門とする「AGAクリニック」で治療を行うことで患者それぞれの状態を知ることが出来、状態に見合った治療を適切に行ってくれます。具体的にはどんな治療をするのでしょうか?

プロペシアはAGA治療の強い味方!

AGAクリニックではどのような治療をするのか

カウンセリングのイラスト

AGAを治療するクリニックは、日本各地で増えつつあり、最近では有名な俳優やお笑い芸人を起用したCMも放映されているほどです。
AGAクリニックでは一人一人の患者とのカウンセリングを行い、専門的な知識を交えつつ適切なケアや、フィナステリドやミノキシジルなどの薬品を使った治療を行うことでAGAの進行を抑え、自然な髪の育毛を促すことを目的としています。
具体的にはどんなことを行うのでしょうか。

AGAクリニックでの治療の流れ

1.カウンセリング

初めて受診する方はまず、カウンセリングを行います。専門の医師により、抜け毛の状態や頭皮の状態、身体の状態を問診していきます。頭皮で気になっていることを伝えることで、患者の状態や、その状態に合った治療方法を選んでいきます。

2.頭皮・血液検査

頭皮の状態や髪の生え方を調べるため、頭部の撮影を行ったり、処方される治療薬が患者の体に影響を与えないかを判断するために血液検査を行います。
また、AGAは家族からの遺伝による原因も考えられることもあり、アンドロゲンレセプターの遺伝子検査を行うクリニックもあるようです。
アンドロゲンレセプターとは、体内分泌された男性ホルモンを細胞の中で利用できるように処理する受容体(システム)で、これにより男性ホルモンの影響を受け易い体質かどうかを見分ける検査を行います。

3.発毛治療のためのお薬を処方

薬での治療は、主に日本で製造されている治療薬「フィナステリド」と増毛促進剤「ミノキシジル」が中心ですが、中には、2つを配合したクリニック独自のオリジナル薬もあるようです。

AGAクリニックでかかる費用

AGAクリニックでは髪や頭皮のケアはもちろん、細かなカウンセリングを行うことで、一人一人にあった治療を行ってくれたりと至れり尽くせりというところなのですが、その分、費用も相応に掛かることになります。
現在のAGAクリニックの相場として、診察費+治療費(諸々)+お薬代込みで15,000円~となっています。
その理由として、AGAの治療が医療保険の適用外となっているため、他の病気にありがちな、「○割負担」というものが無く、全額実費での支払いとなります。

AGAは保険適用外?

健康保険証の写真

AGAクリニックの治療として気をつけるポイントは医療保険が適用外であるということです。
病院やクリニックでは、医療保険制度といった、国民が予めある程度の保険料を支払うことで、経済的負担を抑える制度が導入されています。この保険が適用される対象には、怪我や骨折、風邪やインフルエンザ、がんなどの日常生活に支障が出る治療が当てはまります。

ところが、AGA(男性型脱毛症)の場合は、「美容を目的とした医療」として自由保険にカテゴライズされているために保険適用外とされています。

AGAクリニックでの治療後に毛根は増える?

AGAクリニックで治療をされた方がよく言われるのが「治療後に毛根は増えるか」でしょう。
結論から言えば、増える状態にはなります。
原因を抑えて乱れたヘアサイクルを正常に戻すことにより、毛根の質を高める治療を行うため、毛根自体は正しく成長できる状態になります。

ただ、治療前のAGAの進行状態にもよるため、治療後にはすぐ生えるという人もいれば、生えるのに1年以上掛かったという人もいるのが現状です。頭皮が露出していない初期の状態や、露出している進行した状態でも治療期間は大きく変わります。

いずれにしても気づいた段階で治療に取り掛かることが大切で、早ければ早いほど後々の毛の復活に時間や手間を掛けずに済むのです。
AGAクリニックでもプロペシアミノキシジルなどの治療薬は処方してくれますし、何より相談できる専門の医師が居るので一人で悩むことなく治療を進めることが出来ます。二人三脚でAGAを撃退し、質の良い毛根を取り戻しましょう!

プロペシアの詳細はコチラ

ミノキシジルの詳細はコチラ

Copyright© 2017 プロペシアはAGA治療の強い味方!

TOPページへ戻る