AGAの進行パターンの特徴と対処法

プロペシアはAGA治療の強い味方!

AGAが進行している度合いについて

薄毛が進行している男性の頭

AGAは進行度合いによって、治療の仕方やプロペシアなどの医薬品の効果も変わってきます。
まだ進行していない状態の治療だと抜けた部分に髪が再び生える可能性は高いのですが、逆に髪が側面にしかない状態まで進行してしまった場合は、治療しても再び生えてこない可能性があるのです。
その理由は後述しますが、最終的には植毛治療でしか毛を生やせない・・・ということもあり得るわけです。
AGAって言ったってプロペシアやミノキシジルで治せば、また生えてくるっしょ~」と楽観的に考えるのは落とし穴です。反対に治療薬が効かない…というよりも投与する意味が無い場合もあるのです。

AGAについての詳細はコチラ

プロペシアの詳細はコチラ

AGAが進行するとプロペシアや治療薬の効果が無い?!

AGAは進行性の脱毛症で気付いたら早めに治療することで抜け毛の進行を食い止めることが出来ます。
プロペシアなどの治療薬を使った治療が一般的なのですが、進行具合によっては治療薬を使っても効果が期待できないこともあるのです。

何故効果が期待できないのかというと、プロペシアがAGAにもたらす効果として、「5αリダクターゼ」を阻害する働きをします。
AGAの原因である『ジヒドロテストステロン』は、材料である「テストステロン」「5αリダクターゼ」が結合することによって分泌されています。

生きている毛母細胞に含まれた「テストステロン」「5αリダクターゼ」が結合し、『ジヒドテストステロン』が分泌されることで薄毛が進行するのですが、プロペシアは「5αリダクターゼ」の働きをシャットアウトする働きをします。

ここで大事なのがプロペシアが働く先は"生きている毛母細胞"だけということ。

つまり、プロペシアを使って治療しても髪が生えてこない=毛母細胞が死んだ or 死んだ可能性がある ・・・ということなのです。 プロペシアやミノキシジルを使っても抜けた箇所が戻ってこない場合は、抜けた部分の毛母細胞に問題がある可能性があるということです。

AGAの進行パターンをノーウッド分類でチェック

AGAの進行パターンを、クリニックや皮膚科でも使用されているハミルトン・ノーウッド分類を参考にしながら、対処方法を紹介していきます。
ハミルトン・ノーウッド分類とは、アメリカのJ・B・ハミルトン医師が提唱し、O・T・ノーウッド医師らによって作られた分類表のことで、AGAの診断基準として全世界で使われているものです。
全体でレベル1~7まで分類され、これをさらに3つの段階に大きく分類することで、AGAの進行状態やそれに応じた治療方法を紹介しています。

第一段階

I型、II型、II Vertex型の状態のイラスト

AGAによる抜け毛が始まっていない or 始まっても気付きにくい状態(I型)から、生え際の後退(II型)、生え際と頭頂部の同時後退(II Vertex型)が第一段階となります。
他人に指摘されるか、殆どが鏡でよく見ないと分からないような進行状態で自分では気付きにくいところです(特に頭頂部)。

この段階での対策としては「プロペシア」や「ミノキシジル」などの医薬品での治療がベストでしょう。
I型の状態で治療薬を使うかどうか迷うところではありますが、後退が始まったII型・II Vertex型に関しては進行を抑えるための対策を行いましょう。

I型はヘアサイクルの乱れはまだ起きておらず、抜けても再び毛が生えている状態のため気付きにくいのです。
ですが、これから徐々に進行していくため、ふと鏡を見たら進行が進んでいたというパターンもあるため油断は禁物です。
治療は早ければ早いほど、AGAによる脱毛はもちろん、治療に掛かる費用も最小限に抑えられます。

第二段階

III型、III Vertex型、IV型の状態のイラスト

生え際の後退が進行しいわゆるM字ハゲと言われることがあります(III型)。
Vertex型の場合は、II Vertex型では微妙だった頭頂部の後退がよりはっきりとした状態となりO型のような状態に広がっていきます(III Vertex型)。
そこから、更に進行し、頭頂部が全体的に薄くなっていきます。

この段階からは治療方法として、治療薬以外で、AGAクリニックでの治療が推奨されています。
第二段階になったころにはヘアサイクルの周期を一回りしており、薄毛の進行が始まって大分時間が経っている状態なのです。このため治療にも期間を要すことがあります。
ちなみにAGAクリニックを受診することで、プロペシア(フィナステリド)やリアップ(ミノキシジル)を手に入れることも可能です。

第三段階

V型、VI型、VII型の状態のイラスト

頭頂部と前頭部の髪が殆ど後退し、進行すると1つに繋がったような状態にまでなります。

また、後退と同時に髪の毛の量も減少しているので、全体的に頭髪がスカスカな状態で地肌が透けて見えるような状態にまで進行していきます。
地肌が見えてきたら、V型の診断ということで認識されています。
VI~VII型になるとさらに後退し、毛のないところがはっきりと繋がっているような状態となります。ただ、完全に後退したわけではなく、かろうじて残った髪の毛が残ってはいます。ですが、その髪の毛自体も毛根が弱くなっているので、ピンとまっすぐに立てない状態になります。

その一方で、側頭部や後頭部はAGAが進行する前と変わらず残っていることが多く、植毛治療を行う場合はこの部分から移植されることが多いです。ただし、VII型になるとその部分も薄くなっているので注意しましょう。

この段階まで来ると、髪を作る毛母細胞を殆ど失った状態であるため、(毛母細胞に効果がある)AGA治療薬やクリニックでの治療は難しいのが現状です。そのため「植毛治療」を勧めるクリニックもあるようです。

「植毛治療」とは頭皮に毛を植える医療行為のことを指すものです。主に「自毛植毛」と「人工毛植毛」があります。

自毛植毛

「自毛植毛」とは、主に自分の髪を別の生えている部分から毛包を採取し、移植部分にメスを入れる or 小さな穴を開けてそこに毛包を移植する方法です。元々生えている部分の一部を植毛したい部分に髪の種である毛包ごと移植するため、移植後も髪の増毛にも期待でき、自然な状態に戻すことが可能です。また、予後のメンテナンスの必要が無いため一度手術を行えば後が楽なのです。
また、植毛後に髪が抜け落ちても頭皮に毛包が残っているため、そこから髪が再び生えてくる…という可能性も十分にありえます。

デメリットとしては、自分の髪の毛を使う分、毛根にくっつき易く自然な仕上がりになるものの、植毛前の頭皮の状態で髪が増えたもしくはあまり増えなかったと…髪の密度によっては生えたかどうかの実感が変わってくるようです。また、元々残っている髪から移植するため、頭皮の状態によっては一度に移植できる数が限られてしまうこともあるようです。

人工毛植毛

「人工毛植毛」とは、ポリエステルやナイロンなどの合成化学繊維で出来た髪を頭皮に直接移植する手術です。薄くなった頭皮に植毛針を刺しそこに1本ずつ植え込んでいく方法(ニードル法)以外にも、自毛植毛と同様に、移植部分にメスをいれて移植する方法や小さな穴を開けて移植する方法がありますが、主にニードル法が主流となっています。
人工の毛を使うため、好きな長さや色などを考慮した自分の好きなヘアスタイルを作れるメリットがあります。
また、AGAが進行して髪が殆ど無くなった状態においても、すぐに髪のボリュームをぐんと増やすことも可能です。この点は自毛植毛に無い大きなメリットと言えるでしょう。

その一方で、髪の毛を作る種である「毛包」が無いため、当たり前ですが、一度抜けたらまたそこから生えることはありません。
また、体にとって人工毛は『異物』とみなされるため、免疫反応による排除しようとする働きで頭皮の炎症や、植毛した隙間から雑菌が入り感染症を起こしてしまうこともあります。

このため、「日本皮膚科化学会」では植毛治療の際には「自毛植毛」での治療が比較して適していると発表しています。
もちろん、人工毛植毛がダメというわけではなく、逆に自毛植毛が良いということではなく、そのときの髪の状態やメリットデメリットを踏まえた上で検討しましょう。
なお、どちらも保険適用外の自由診療のため、治療費は全額自己負担であることに注意が必要です。

AGAが進行する前に気付いてプロペシア治療!

AGAが進行すると、治療に時間と費用が掛かるだけでなく、治療しても薄毛が進行した場所に髪が再び生えなくなる可能性も高まります。先ほどのノーウッド分類においても薄くなった髪が元に戻るのは第一段階~第二段階の間とされており、いかに早く気付いて治療に取り掛かれるかがポイントです。どんな治療薬にも限界はあるのです。

髪の毛の退行は、通常の円形脱毛症のように突然部分的に薄くなるのとは異なり、徐々に進んでいくもののため、鏡を見ても初期の段階では気付きにくく、気付いたときには前髪が殆ど無い!?という事も無くはないでしょう。
そのため、日頃から鏡で自分の頭を確かめておく習慣を付けると、早く気付けるようになります。
初期段階で放置される可能性がありますが、初期の段階から薄毛がまだ進行していない状態でも予後の予防にもなります。
とにかく早いに越した事は無いので、将来的に一生涯、スキンヘッドや坊主でも良い人はともかく、これからも髪を残しておきたい人は早めに治療に取り掛かるべきです。

ここまで早め早めと口をすっぱく言ってますが、理由は上記にも書いた通りプロペシアなどの治療薬には限界があるからです。
ヘアサイクルの乱れが繰り返されることで、発毛の種である「毛包」が小さくなり次第に無くなってしまいます。プロペシアの役割は発毛そのものではなく、AGAの原因を食い止めること。
つまり、髪や毛包が全く無いところにプロペシアを服用したとしてもまったく効果が無いのです。

種が無いところに水や肥料を与えても芽は出てきませんよね。それと同様に毛包が無い部分にプロペシアやミノキシジル成分を頭皮に与えても無意味ということです。

こうなってしまうと残された手段は「植毛治療」ということになるのですが、先ほども書いたようにアフターケアに時間や費用を費やしてしまいます。
植毛治療そのものが悪いわけではなく、良いところもちゃんとあるのですが、その分、また別のコストが嵩むことも頭に入れておきましょう。

早めの治療がプロペシアの効果を最大限に引き出すことが可能です。初期であればあるほど毛包が多く残っている状態ですから、その分治療は早くても半年で済みますし、再び髪が生える確率も高いです。
時間が掛かる分、費用はある程度嵩むのがネックですが、最近ではお手ごろな価格のジェネリック医薬品も登場し、治療はよりし易いものに敷居が下がっています。
手遅れになる前に、自分の髪が今どの状態なのかをチェックし、AGAを治療しましょう。

プロペシアの詳細はコチラ

プロペシアの通販はコチラ

プロペシアの通販
 

Copyright© 2017 プロペシアはAGA治療の強い味方!

TOPページへ戻る