ストレスがAGAの発症や進行する原因の一つとされています。ストレスによる抜け毛の特徴や解消法をご紹介

プロペシアはAGA治療の強い味方!

ストレスがAGAを招くとは

ストレスをためている人

ストレスそのものが、AGAの直接の原因ではありませんが、ストレスによりダメージを受けて弱った頭皮はフケが溜まり易く、皮脂の分泌が活発になります。その結果、頭皮環境が悪い状態となり、それがAGAにとっては良い状態(褒め言葉ではない)を生み出してしまっているのです。
AGAは男性ホルモンの一つ、ジヒドロテストステロンの増加によって起こるものですが、その増加する原因にストレスや偏った食生活が関係しており、まさに現代人にとっては避けられないものとなっています。
ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの「テストステロン」と還元酵素「5αリダクターゼ」が結合して出来るもので、簡単にまとめると…

ジヒドロテストステロンの構図

となります。ジヒドロテストステロンは運動によって排出することが可能ですが、運動不足であると排出どころかさらに蓄積されていくのです。
つまり、AGAはストレスや運動不足によってジヒドロテストステロンが蓄積した結果起こる脱毛症ということです。

AGAクリニックではカウンセリングの際に、自分自身の心身状態や生活習慣について聞かれることがありますが、上記の理由がAGAと少なからず結びついているからです。また以下のような状態もストレスが原因でAGAの進行に繋がることがあります。

AGAクリニックの詳細はコチラ

血行不良

実は頭皮への栄養分は血管から血液を通じて送られていきます。つまり、血行が悪くなることで血管が細くなり、頭皮の血の流れも悪くなります。当然、必要な栄養分も行き届きにくくなるだけでなく、老廃物や有害物質は体内に溜まるようになります。それによる血行不良から頭皮環境の悪化でAGAになるリスクが高くなります。

そしてストレスは血行不良にも影響を及ぼします。ストレスにより交感神経の緊張が続くと、血管が締められた状態となるため血行障害が発生するのです。

肝臓の不調

肝臓のイラスト

肝臓の不調はストレスの影響も関係しています。ストレスにより胆汁が多く分泌され肝機能に影響を与えてしまいます。

AGAや薄毛を誘発する原因の一つに、内臓、特に肝臓の不調による代謝の低下が関係しています。髪に必要な「タンパク質」は肝臓の中にある【代謝】【解毒】【胆汁】と肝機能の生成と分泌の働きによって、血液から毛根に運ばれて育毛させます。このなかの代謝と解毒が上手く行かないと髪の成長を妨げることになり、髪の毛の土台となる頭皮にも影響を与えかねません。薄毛の人で、不摂生な生活をしている方で体調不良を感じましたら、健康診断等で肝臓の状態を検査することをオススメします。

皮脂の過剰分泌

AGAの直接の原因ではないのですが、皮脂の過剰分泌もAGAのリスクを上げる要因となっています。
ストレスが皮膚に及ぼす影響として、皮脂腺の近くに自律神経があり交感神経が優位になると皮脂腺が刺激されます。これにより過剰に皮脂が分泌してしまうのです。また、シャンプーやボディーソープの強い洗浄力により、乾燥を防ぐために皮脂が多く分泌されてしまうこともあります。

皮脂は、皮脂膜と呼ばれる外の刺激から守るバリア的な役割を持っており、皮脂自体はむしろ無くてはならないものですが、皮脂を全部落とそうと毎回ゴシゴシ洗ってしまい、皮脂が必要以上に分泌されてしまい、結果的に頭皮や顔全体がべたべたと脂っぽい状態となってしまうのです。

皮脂が過剰分泌される原因として、ストレス以外には、シャンプーでの洗いすぎによる皮脂や角質を洗い流してしまうことにより、流された分の皮脂を戻すために必要以上に分泌してしまうことが挙げられています。
そのほかにも、シャンプーの洗い残しや、脂分・糖分の偏った食生活、運動不足があります。

頭皮の硬化

ストレスによる頭皮の筋肉が硬化し、血行が悪くなります。血行が悪くなることで血液を通じて髪の毛に栄養が運ばれず髪の成長が妨げられるのです。この原因として、デスクワークでの長時間の同じ姿勢による肩こりや、紫外線により皮脂の酸化による毛穴の詰まり、洗浄力の強いシャンプー(必要以上に皮脂を取ってしまうため)を使っていることが挙げられます。

睡眠障害

眠れない男性

髪は寝ている間に成長ホルモンが働き、活動中に受けた紫外線、温度や湿度など外的から受けたダメージを修復する働きをします。
また修復により、血管を広げ詰まりが無くなると、毛根に栄養を届けやすくなり髪の増毛・育毛の効果ももたらします。睡眠の質が良いとされる「深い眠り」というものがあります。実はこの眠りによる成長ホルモンが、髪の毛全体の9割近くもあるタンパク質に働きかけるのです。

そのため、睡眠は髪の成長には欠かせないものなのですが、ストレスによる影響は、睡眠不足を誘発する原因にもなります。
ストレスによって、なかなか寝付けなかったり、寝ても体がだるい、スッキリしなかったということがあると思います。
これは、脳内の覚醒作用である「ドーパミン」「ノルアドレナリン」の交感神経を促すホルモンが、睡眠中も活発な状態であるからです。これにより「身体が寝ているのに脳は起きている状態」となり、なかなか寝付けず、寝付けても体が全くスッキリしない状態(浅い眠り)になるのです。

AGAと睡眠の密接な関係はコチラ

ストレスを解消する7つの方法

このようにストレス一つ取っても、AGAや薄毛の要因にもなるものは色々あり、日頃からストレスケアを行うことで心身はもちろん、髪の毛や頭皮ケアにも繋がります。
ここでは、自宅はもちろん、仕事場のデスクの上でも出来るストレス解消法を紹介します。

①ぐっすり良く寝る

髪の毛の全体の9割以上は「ケラチン」というタンパク質から構成されています。この「ケラチン」は寝ている間に、成長ホルモンから分泌され、頭皮へ働きかけます。
睡眠によって成長ホルモンが分泌されると、脳がリラックスされる状態「副交感神経」の働きが優位になり、これにより全身の血管が拡張します。拡張されることで、血液から頭皮へ直接栄養が行き渡りやすくなるため、髪が成長しやすくなるのです。
特に寝始めからの3時間は成長ホルモンが一番多く分泌され、「ノンレム睡眠」という眠りが深くなる時間帯…ぐっすりと眠れる状態であるともいわれ、睡眠の質がもっとも良いとされています。

ヒトの身体は、日中は身体が活発になる「交感神経」が優位となり、夜~朝にかけて身体がリラックスする「副交感神経」が優位になるとされています。 朝に目が覚めて、夜に眠たくなるのは、この2つの神経が働くようにインプットされているからです。

睡眠の質を高めることで、髪だけでなく、体全体においても脳を休め、気力や集中力を改善したり、自律神経やホルモンバランスを整える働きもあり、これによりストレスが解消され、髪においてもプラスに繋がります。
夜にしっかりと寝る時間を確保しておくことは、髪や身体のためにも大切なことなのです。

AGAと睡眠の密接な関係はコチラ

②湯船につかる(入浴)

入浴って気持ち良いですよね。出来るだけ湯船につかれると尚良いです。
全身が温まると同時に、身体全体において血液の流れ…血行が良くなることで血管が広がり、頭皮も栄養が行き渡りやすくなるということなのです。そして何より疲れがほぐされ、心身ともにリラックス出来る状態になります。

中にはシャワーだけで済ませるといった方も多いのですが、シャワーのお湯では身体の一部分に一時的にしか温まらないためあまり効果がありません。冷えている部分の血管は収縮しているため、血液が行き届かず、髪の毛は血液からの栄養を取れなくなるということで、湯船がオススメなのです。

なお、日本人には「熱湯風呂にさっと短時間入る」のが好きな方が多いかと思いますが、水温を高温(熱湯風呂)にすると、逆に血管収縮が起こり心臓への負担が掛かったり、また短時間での入浴で入浴後に体温低下がしやすくなり逆効果です。
このため、ぬるめの暖かいお湯に長時間入るのが身体にも頭皮にも良い効果が生まれやすいのです。

③食生活の見直し

上記の「皮脂の過剰分泌」でも書きましたが、偏った食生活は抜け毛や薄毛の進行につながります。
なぜかというと、油が多い食べ物や糖分や塩分の多い物を食べ過ぎると皮脂が過剰分泌を起こし、それにより毛穴が詰まる原因となります。また、髪に必要なタンパク質や、ビタミン(タンパク質の摂取を効果的に促す)が不足していると、頭皮の血行不良を起こし、髪や頭皮にとっては悪い環境を生み出してしまいます。

ストレス解消の方法にお酒やビール、チューハイなどのアルコール摂取があります。適量なら問題は無いのですが、ストレス解消のあまり飲みすぎてしまうのは問題です。アルコールの過剰摂取も皮脂の分泌を促してしまう原因となっています。
また、好きなものや美味しい物を大量に食べてしまうドカ食いも、頭皮には悪影響です。
(あくまで「○○過ぎ」がいけないのがポイントです。適量であればストレス解消として良いでしょう)

薄毛に効果的な成分は「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」です。この3つが髪や頭皮に嬉しい栄養となり、バランスよく摂取することで薄毛を予防することが出来ます。

④有酸素運動

ジョギングをする男性
ウォーキングや水泳など長時間行うものスポーツは身体に負担を掛けずに無理なく出来ます。
有酸素運動のメリットとして、適度に負担を掛けつつも無理なく酸素を取り込むことが出来るため、心肺機能の向上、血流改善効果が期待できるのです。
全身の血行を良くする事で、頭皮の毛細血管においても血液の流れが良くなり、髪に必要な酸素や栄養素を頭皮に送り込み易くなります。

有酸素運動の代表的なものとして…

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • 水泳(スイミング)
  • 自転車(サイクリング)
  • エアロビクス・ダンス
  • ヨガ
  • ストレッチ
  • ラジオ体操
などがありますが、共通しているのは「時間を掛けてゆっくり行う」「身体に負担が掛からない」です。
自宅や外で出来る有酸素運動はたくさんありますので、自分に合った無理の無い運動を見つけてやってみましょう。

⑤頭皮のマッサージ・ツボ押し

マッサージをすることで、ツボを刺激し悪くなった血行を促し頭皮への血液の流れを改善する効果があります。
ツボ押しは自宅ではもちろん、仕事場の机の上でも出来ますよ。
頭皮を刺激するツボや位置は以下の画像の通りになります。

名称 位置画像 ツボの位置説明/効果
①百会(ひゃくえ) 百会(ひゃくえ)のツボの位置 目の中間と左右の耳を結んで交わるところ
脱毛症、疲労回復、リラックス
②風池(ふうち) 風池(ふうち)のツボの位置 後頭部のうなじの外側がへこんでいるところ
頭部への血流促進
③天注(てんちゅう) 天注(てんちゅう) 髪の生え際の中央のくぼみから両側にある筋肉の外側のところ
頭部を含めた全身の血行改善
④湧泉(ゆうせん) 湧泉(ゆうせん) 足の指を曲げると凹む"くぼみ"の部分
冷え性改善、疲労回復、体全体の調子を整えるなど
⑤腎穴(じんけつ) 腎穴(じんけつ) 手の小指にある第1関節部分の真ん中あたり
頭皮にある血流を改善

⑥喫煙を控える

ストレス解消のアイテムとしてタバコを吸っているという方は多いのではないでしょうか。
確かに、仕事の合間に一服~…とリラックスが出来たり、気分がよくなるといった面もあるのですが、頭皮にとっては悪影響なのです。
タバコに含まれているニコチンには血管を収縮し、血の流れを悪くしてしまう物質が含まれています。
血管が収縮されることで、頭皮へ血液が流れにくくなり、栄養分も行き渡らなくなります。結果的にAGAの間接的な原因にもなりかねないのです。
ニコチンを大量に摂取することが悪影響なので、どうしても吸いたくなる場合は、ニコチン摂取量を抑えられる禁煙ガムを利用してみてはいかがでしょうか?

⑦趣味に没頭する

読書、映画鑑賞、料理、物作りなど自分の好きなことをすることは一番のストレス解消です。
趣味が特にない方は、何も考えずに自宅でごろごろしたり、外に出かけてみたり、友人や知人と遊んだり話をしたり笑ったりと色々やってみる良い機会です。
趣味に没頭することは、自分自身を保つためにも必要なことですので、何か一つでも持っておくと良いでしょう。

ストレスを発散してAGAを予防しよう!(まとめ)

背伸びをする男性

一つあるだけで体に色々な悪影響を与えるストレス、髪や頭皮も例外ではなく痛みも無いため、自分が気付かないうちにダメージを受けていたということが殆どです。
ストレスの発生源は自分の生活面、周囲の人間関係など様々で避けられないのが現状です。
そのため、日頃からストレスを解消できるように心がけ、溜め込まないように気をつけていくことが大事です。

ストレス自体が精神的に影響が来ることは気づきやすいのですが、体のあらゆる臓器からの悲鳴にはなかなか気付けず、実際になっってからストレスを受けていたことに気付くことがあります。
AGAを誘発していることも、ストレスについて調べなければ分からず、いざというときのためにも知識を入れておくのはとても大事だということに気付かされました。

AGA治療のために、プロペシアを使った外側からのケアも良いのですが、
薬ばかりに頼るあまりに、体ともっとも密接した関係にあるストレスを放置してしまうのもまた考え物です。何度も書いているように、AGAを助長させる原因はストレスでもあります。ですから、ストレス解消をしたり食事に気をつかったりと、内側のケアを心がけ、少しでも抜け毛・薄毛の原因を増やさないようにしていきたいですね。

プロペシアはストレスによって出来る「5αリダクターゼ」の働きを押さえ、男性ホルモンの「テストステロン」との結合を防ぐことで、AGAの進行を食い止める治療薬です。
ストレス社会が頭皮にも影響を及ぼしていることにはなかなか気付きにくく、「AGAになってた!?」と抜け毛が進行した後に気付くことがよくあります。
ストレスを抱えていて最近髪が薄くなったなと感じたら、それはAGAのサインかも知れません。
ちょっとでもAGAの兆しを感じたら、プロペシアで早めの対策・治療を心がけましょう。

プロペシアの詳細はコチラ

プロペシアの通販はコチラ

Copyright© 2017 プロペシアはAGA治療の強い味方!

TOPページへ戻る