AGAと睡眠との関係は?質の改善で薄毛・抜け毛にも良くなる?!

プロペシアはAGA治療の強い味方!

AGAと睡眠の関係とは?

眠る男性

AGAを誘発する原因に、ストレスによる血管の収縮があります。これは、頭皮に繋がりのある血管が細くなることにより、血液を通じ、タンパク質などの髪に必要とされる栄養分を十分に送れず、血行不良が起きることでAGAのリスクが上昇していまうのです!
ストレスに結びつく要因として、「睡眠不足」以外にも「会社での人間関係」「プレッシャー」「環境の変化」「病気・怪我に対する苛立ちや落ち込み」など様々です。

ストレス解消方法として、睡眠…寝ることが一つの方法として挙げられます。
睡眠は頭皮や毛根の不健康な状態を改善することが出来、簡単ながら効果はとても大きく、それは育毛剤などの薬以上の効果が期待される事から、「自然の育毛剤」とまで言われるほどです。
AGAは頭皮における男性ホルモンの分泌から起こる脱毛症ですが、実は睡眠には発症のリスクを下げる効果があるのです。
つまり、プロペシアミノキシジルとの併用で、頭皮の健康状態を保ちながら発毛促進も可能なのです。

睡眠が頭皮に与える効果

では、頭皮においてどのように睡眠が関わっているのでしょうか?

髪の成長を促す

睡眠を取ることで髪の毛を育毛するために必要な成分である「成長ホルモン」が分泌されます。画像は眠り始めてから目醒めるまでの状態を表したものです。人の眠りはおよそ90分周期で「深い眠り、浅い眠り」を交互に繰り返します。

眠りの深さの変化

成長ホルモンは寝始めてから分泌され、眠り始め~3時間以内に多く分泌されます。この間に深い眠りにつけると、成長ホルモンが髪の成長を良く促してくれます。
同時に脳の記憶の整理や、疲れた体を回復する働きをもたらします。翌朝、スッキリと目覚めた経験をした人もいるはず・・・それはこの成長ホルモンが働いたおかげなのです。

体内の活性酸素を処理し、頭皮の臭いや血管の老化を防ぐ

活性酸素が溜まり、体の抗酸化機能で処理しきれなくなると、「過酸化脂質」という脂質が酸化されて頭皮の臭いがキツくなります。
また、活性酸素が溜まると、血管の老化を促し、血行不良が起こり、血管を通じて頭皮に栄養がいき渡りにくくなることでAGAの原因にもなります。

睡眠によって、成長ホルモンの分泌時に、この酸化を抑えるグルタチオンの分泌により、抗酸化作用が働き酸化を防止し、溜まった毒素を身体の外に排出する働きをします。これにより、頭皮の臭いを抑えているのです。

頭皮の皮脂の分泌抑制の働きをする

睡眠不足で自律神経が乱れると、皮脂を過剰分泌する原因にもなります。

自立神経には、「活動中・緊張している・ストレスを感じている」状態で起きる交感神経と「体を回復している・休んでいる・リラックス」状態で起きる副交感神経と、2つの働きがあります。
通常、寝ている間は、副交感神経が優位で、交感神経が休んでいる状態ですが、睡眠不足により、寝ている間も交感神経が働き続け、ホルモンバランスに乱れが生じます。
これにより、頭皮の毛穴が詰まりやすく、そこから抜け毛の原因につながるのです。

AGAは睡眠不足が原因となる理由

寝不足の男性

AGAは睡眠不足が直接の原因では無いものの、生活環境など様々な理由で心身に溜まった疲労が取れず、毛根にある「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素が分泌されています。

5αリダクターゼ自体は決して害のある酵素ではなく男性ホルモンである「テストステロン」の働きを促す役割を持ち、骨や筋肉、精子や性欲の増加など、身体においては必要なのですが、しかし髪の毛においては厄介ものとされています。テストステロンと結合すると、AGAの直接の原因となる「ジヒドロテストステロン(DHT)」という、より強力な男性ホルモンへと変わります。
このジヒドロテストステロンの増加によって髪のヘアサイクルが乱れ始め、頭皮にダメージを与えると、成長途中で髪が抜け落ちていくのです。
脱毛を繰り返す事で、毛根や毛母細胞が寿命を迎え、髪がどんどん後退していくのです。AGAと呼ばれる抜け毛・薄毛の症状はこうして起きるのです。

睡眠不足で頭皮や髪の栄養分となる成長ホルモンが上手く分泌されなくなります。睡眠から分泌される成長ホルモンは、心身の疲れを修復する働きをします。しかし寝不足になると、疲労を翌日に持ち越しストレスも溜め込むことになります。
ストレス解消のための運動や正しい食生活を行えば良いのですが、そうでない場合はストレスが積もりに積もってしまいます。
ストレスが溜まると、5αリダクターゼの増加を促してしまい、AGAのリスクを高めてしまう原因にもなります。

また、成長ホルモンは髪の発毛やダメージ修復にも効果を促す働きをします。
成長ホルモンは血液として血管から運ばれるのですが、睡眠不足により血管収縮・・・つまり狭くなることで血行不良となり、分泌されても上手く運ばれなくなります。
運ばれなくなると、栄養が血液から頭皮に行き渡らず、栄養不足を引き起こし、栄養不足が起こることによって、発毛を促すどころか薄毛や抜け毛増加の原因になりうるのです。もちろん、AGAを発症していれば症状進行の原因となります。

ちなみに睡眠不足とは、睡眠量だけでなく睡眠そのものの質も関係しています。
睡眠そのものの質とは「睡眠が頭皮に与える効果」でも紹介しましたが、眠りが浅いか深いということで、成長ホルモンが分泌される量に変化が起こり、眠りが深いと成長ホルモンが多く分泌され、疲れが取れやすく髪の毛の発毛や修復効果も高くなる効果があります。
逆に眠りが浅いと、疲れが取れず、薄毛や抜け毛をより進行させ、AGAを発症しやすくなる状態が作られてしまいます。寝つきが悪い、または、朝起きたときに身体が重くグッタリという場合は眠りが浅くなっている可能性があります。

この記事では頭皮や髪を重点的に置いて、睡眠不足がAGAに結びつくものについて紹介していますが、
睡眠不足は頭皮や髪だけでなく身体のさまざまなところに影響を与えます。心身もダメージを受けることは確かですので、日々の睡眠時間について見直す必要があるでしょう。

AGAを良質な睡眠が予防してくれる!

すっきり目覚めた男性

眠り方にちょっと工夫を入れると、髪や頭皮に良い働きを行い、AGAの発症リスクや抜け毛・薄毛の予防をするだけでなく更には発毛・育毛の効果が現われます。
髪や肌は"ケラチン"と呼ばれるタンパク質から出来ており、睡眠を取ることで成長ホルモンが髪の中のタンパク質に促します。

上記の「睡眠不足からAGAになる理由」の項目でも紹介しましたが、睡眠には、頭皮はもちろん、体全体をケア効果があるのが分かっていただけたと思います。
ちょっとの生活改善が身体にも良い効果が現われるのです。常日頃から良質な睡眠が取れるように心がけて行きたいところです。

ところで、良質な睡眠と睡眠時間は結びつかないことはご存知でしょうか?つまり、長ければ良いということではありません。実際、人間にちょうど良いとされている8時間睡眠を取ったはずなのに日中は眠たくなる人もいれば、4時間睡眠なのに疲れが取れた(=睡眠の質が良い)という人もいます。なぜでしょうか?
その理由として、人ひとりひとりの身体の状態・・・特にホルモンバランスや自律神経の状態が良いかどうかで変わってくるからです。

特に自律神経の中でも「副交感神経」と呼ばれるリラックスしている状態、安定してる状態、眠りに入る状態が心身の安定と結びついているのです。
でも、布団に入っているのになかなか寝付けない人っていますよね。それは「交感神経」という心身が覚醒している状態、起きている状態になっているため。そのため寝て起きても疲れが残ったようなグッタリしたような状態になるのです。

乱れた自立神経を整える方法として、朝、太陽の光を浴びるのがオススメ。
セロトニンという睡眠の質を高めるために必要な脳内物質を分泌させることで、心身ともにリラックスした状態へつなげていくのです。

AGAは睡眠の質がポイント!予防のための質の高め方!

AGAのリスク減少にはどれだけ質の良い睡眠が取れるかによって大きな違いが出てきます。
ここではより良質な眠りに近づくためのポイントを紹介します。

就寝時間は一定を心がける

AGAの治療・予防に欠かせない良質な睡眠。睡眠は身体のケアは勿論、自然の育毛剤と言われるほど髪にも栄養を与える大事なものです。
質の良い睡眠における最初の一歩は「寝る時間を決める」ことです。就寝時間を一定にすると、深い眠りに付き易くなります。
ですが、いきなり寝る時間を決めて○時に起きれるように計画して、計画通りに寝付くのは難しいでしょう。また、夜型タイプにとっては、早めに就寝して朝起きるのも大変だと思います。

そこで、どんなに遅く寝ても起きる時間を決めることを意識しましょう!

毎日同じ時間に起きることで、睡眠⇒覚醒のリズムを一定に整え、そこから夜眠たくなる時間も自然と一定しますよ。

平日はあまりないと思われますが、平日が寝不足な分休日に長時間寝込む「寝貯め」も、リズムが崩れる一つの要因ですので、休日でも同じ時間に起きるように心がけましょう。

朝、太陽の光を浴るだけでセロトニンを分泌

睡眠を良質なものにするため、朝の太陽の光を浴びることです。これにより、セロトニンの分泌を促す効果があります。 セロトニンとは、「幸せホルモン」と呼ばれる精神の安定させる働きを持った神経伝達物質で、うつ病や自律神経の低下の原因にセロトニンの不足が挙げられ、心身に影響を与える物質とされています。夜型タイプになるとセロトニンが減少しはじめ、朝起きるのが辛く起きにくくなるのです。

朝の太陽の光を浴びることで体内時計がリセット、セロトニンの分泌を促し増加させることが出来ます。
分泌量が高まり、睡眠中は活動休止状態だったセロトニンの神経系が活動を始め、分泌が始まります。これにより、朝気持ちよく目覚められるのです。

反対に、セロトニンが不足することで夜、寝つきが悪くなったりもします。それは「メラトニン」というセロトニンを元にした物質が夜の睡眠と関係しているからです。
メラトニンとは、「睡眠ホルモン」と呼ばれている脳内物質で、体温や血圧を下げたり、呼吸を低くして気持ちを落ち着かせたりする働きをします。

通常、目覚めてから14時間~16時間後、例えば朝6時に目覚めるとすると、夜8~10時ごろにメラトニンの分泌が高まることで、体温低下により休息状態⇒眠気を感られるのですが、様々な生活環境が理由でメラトニンの分泌が減少してしまうのです。
メラトニンの分泌が減少すると、体内時計に乱れが生じ、不眠の原因となってしまうのです。

セロトニン不足⇒メラトニン減少が睡眠不足となり頭皮に影響し、その結果、AGAを誘発する原因になるのです。

寝る前のPC・スマホは避ける

一日の終わりに布団の中でスマホなどを使ったり、夜遅くまでPCを使っている人は多いでしょう。実はこれらが睡眠の質にも大きく影響を与えています。
少し前まではPCやスマホから発しているブルーライトという青い光を、長時間の使用によって寝つきが悪くなるとされていましたが、最近では明るすぎる画面そのものを、目に近づけていることで脳が覚醒状態と勘違いしてしまい目が冴えてしまうのです。また、長時間見続けることで眼精疲労にもなるため、とても良くありません。
「身体は寝ているのに頭が起きている」状態になるため、結果的に浅い眠りになり翌朝疲れが取れない…といった状態になるのです。

眼の緊張をほぐす

眼の疲れは夜の寝つきを悪くし、睡眠不足の原因にもなります。眼が疲れると脳に大きなストレスが掛ってしまうことで交感神経が優位になるため、リラックス出来ずに寝つきが悪くなってしまいます。
眼をマッサージすることで、眼の疲れが取れるだけでなく、眼を温めて血行促進をする働きがあります。それにより緊張をほぐすことができリラックス出来る状態になれるのです。

このとき、眼球そのものではなく眼球周りの筋肉をマッサージするのがポイントです。
具体的には目の周りの目頭や目の下、こめかみの辺りを力をいれずにグリグリと回していきましょう。

また、暖かく湿った蒸しタオルを目の上に乗せて目の周囲の血行を良くするのもマッサージの一つです。目の周囲には交感神経から副交感神経に切り返るスイッチのようなものがあり、そこを温めるだけでもリラックス効果があります。

枕の高さを調節する

枕の高さは人によってそれぞれ異なります。そのため自分の頭に合っていないと、血液の流れが悪くなってしまい、身体の(特に首や肩の)筋肉が緊張した状態疲労物質が筋肉中に溜まってしまい、そこから眼精疲労や頭痛を起こす原因となるだけでなく、身体の重さやだるさにつながります。
また、合わない枕は、睡眠の質にも大きく影響します。筋肉が緊張状態になることで寝つきが悪くなり、そこから不眠症になるケースもあるのです。

枕の高さを適切に調節することで、血液の流れが良くなり、筋肉がリラックスした状態になります。リラックスした状態になることで、身体に栄養が行き渡り、疲れが取る働きをします。

枕選びのポイントとして、枕に頭を乗せたときに頭とあごが自然な状態になっていることになります。とはいえ、自然な状態になっているかどうかはよく分からない場合が多いです。
他の人に見てもらえるなら良いのですが、自分一人で確認するのはなかなか難しいでしょう。

自分一人で確認する場合

  • ①壁に背を向けるようにして、背筋を伸ばしてまっすぐ立つ
  • ②姿勢を自然な状態で取る
  • ③あごを自分が自然だと思う位置で止める
  • ④その状態で首の後ろの凹んでいるところから壁までの距離を測る
距離を測ること=頚椎骨(頭を支える首の骨)の深さを測ることで、枕を乗せたときに負担の掛からない高さを確認できるのです。
ただし、枕の材質や使用期間によっては深さが変わってくることもあります。そのため、自分の適切な高さより少し高めの方がベストだそうです。
中には高さ調整が可能な枕もあるので、それを選ぶのも無難かも知れませんね。

AGAを睡眠とプロペシアでWパンチ!

Wパンチ

AGAのリスクを下げる睡眠には、髪や頭皮を含めて体全体が健康になっていくなんて、一番楽な改善方法だと思います。
ですが、簡単に見えて簡単には変えられないのが人間という生き物で、改善方法一つ取っても、意識していかないと始まらないものです。
やる事自体は難しくはないものの、一つ改善するだけでも大変な作業であり、今まで自由にやってきて定着したものを突然変えるのも難しいことでしょう。
ですが、睡眠改善は頭皮や毛根においても良い効果を促します。毛根を生成されるのに必要な栄養素は血液を通じて運ばれてきますし、血液を運ぶためには血行を良くすることから始まります。そして血行の状態を改善へ導くためには睡眠は第一に欠かせません。

睡眠を取ることで、AGA治療中においては薬の効果をよりよく発揮出来るのです。

プロペシアは頭皮の状態を改善し、ヘアサイクルの環境を整えるために必要なAGA治療薬です。
そして、ヘアサイクルの維持に必要なのが良質な睡眠ということなのです。
(もちろんですが、睡眠障害を持っている人はそちらの治療を先に行うことが最優先です)

治療薬があるからと言って、頭皮の状態が悪いとせっかくの薬の効果が半減する原因にもなります。
通販による個人輸入やジェネリック医薬品で安く買えるものの、AGA治療には薬が半年分も必要と言われるほど期間が長いのです。最短でも半年分となると、その分値が張るのは避けられず、少しでも頭皮の状態が良いまま治療する方がやはり早いですし、決して安いとは言えない薬代がムダになるなんてことも…。
言ってしまえば睡眠不足によって、金銭面はもちろんAGA治療においても損失が増えると言っても過言ではありません。

プロペシアと睡眠を上手く活用して、毛根がより良く生え易い環境を整えていきましょう!

プロペシアの詳細はコチラ

プロペシアの通販はコチラ

プロペシアの通販

Copyright© 2017 プロペシアはAGA治療の強い味方!

TOPページへ戻る