AGAは男性にしか起こらない脱毛症で別名男性型脱毛症と言います。

プロペシアはAGA治療の強い味方!

AGAとはどんな脱毛症?

ハゲている男性

プロペシアはAGAに効果的な医薬品なのですが、AGAとはどのような脱毛症なのでしょうか?じつは脱毛症にはいろいろな種類があり、AGAは「男性型脱毛症」という男性にしか起こらない脱毛症のことを指すのです。

悩む男性と医者

男性にしか起こらない、脱毛症なのでその原因は男性ホルモンにあると考えられています。思春期を過ぎたあたりからこの脱毛症を発症してしまう方がいるのですが、進行がゆっくりなため気づいた時には十分薄くなっていたということがよく見られます。AGAは成人男性の10人に1人はいるとされており、多くの人がこの脱毛症で悩んでいるのです。もちろん病気と言っても命に係わるわけでもなく、体が痛くなるわけでも、生活に支障をきたすわけでもないので、放置していても全然困らないのですが、やはり薄毛で悩んでる人はたくさんいらっしゃるのです。髪の毛が薄くなることによって、ビジュアル面でマイナスになってしまうだけでなく、中にはタレントでハゲをネタに仕事をしている人もいるのです(ハゲ=笑いのネタになっている)

AGAの特徴

AGAの進行タイプ

男性で薄毛になっている人のほとんどがAGAで実はその薄毛には特徴があるのをご存知でしょうか?前髪部分がMの字のように段々と薄くなり、そして頭頂部が丸のようにだんだん薄くなります。改めて考えると、側頭部や後頭部が薄くなっている男性はほとんどいないことがわかってくるのです。たしかに某人気長寿アニメのサ〇エさんに出てくる、波〇はてっぺんに1本だけ、あとは側頭部から後頭部にかけてぐるっと生えていますよね?一時期はやったバーコードヘアーのおじさんも、側頭部の髪の毛を無理やり頭頂部に持ってきて、髪の毛をあるように見せたりしているのです。


バーコード頭

ではなぜ?前髪部分と頭頂部が薄くなりやすいのか。これは男性ホルモンをハゲやすい男性ホルモンに変化させている酵素がこの2か所に多く存在しているからだと考えられています。逆に考えるとこの酵素がない部分(側頭部や後頭部)がハゲない原因はこの酵素が少ないからなのです。そこでAGAを治療する場合には、男性ホルモンを変化させてしまう酵素を阻害する事によって、髪の毛の成長サイクルを通常通りへと導いてくれるのです。

Copyright© 2016 プロペシアはAGA治療の強い味方!