日本国内で薄毛に悩んでいる人は1000万人以上にも及びその殆どがAGAなのです。

プロペシアはAGA治療の強い味方!

薄毛で悩む人は1000万人

禿ている男性

髪が少ない男性を街を歩いている時に見かけることは多いですよね。日本国内だけでも薄毛に悩む人は1000万人を越えると言われていますので、見かけない日は少ないはずです。ストレスで毛が落ちるなんてことも言われますが、1000万人の多くの人がAGAと言われる症状です。男性型脱毛症と言われる症状で、髪の成長サイクルが乱れてしまい、髪が抜け落ちてしまったり、やせ細ってしまい頭皮が目立つ症状です。

薄毛の原因

ヘアサイクルの比較図

ハゲとは、こういった症状を伴いサイクルが乱れているため髪が成長を止めてしまっている人のことです。原因と考えられているのは男性ホルモンであり、そのホルモンが頭皮内で働くことで髪が成長するのを止めてしまいます。通常の髪のサイクルであれば、抜けても再び太い髪が生えますが、AGAの人の場合、生えても細く短い髪しか生えません。また寿命も1年もないのですぐに抜け落ちてしまいます。


ジヒドロテストステロン

ジヒドロテストステロンはテストステロンが酵素の働きによって変換されて作られるホルモンです。テストステロンは髭や筋肉の発達のために使われる物質で、思春期を越えると変換されてAGAや前立腺肥大の原因物質になってしまいます。AGAを治すには、ホルモンではなくこの悪さをするホルモンに変えてしまう酵素を阻害しなければなりません。プロペシアと言われる酵素阻害薬を使用します。酵素の働きを阻害することによって髪のサイクルを通常に戻し、再び髪が生える環境を作ることができるようになります。
なので発毛の効果が期待できるようになります。

育毛剤

育毛剤を使う男性

また多くの育毛剤が売られていますが、ロゲインという商品がお勧めです。中に含まれているミノキシジルという成分が髪の成長には有効であり、頭皮に十分な栄養を補給できるようになります。栄養を吸った頭皮は髪を再び成長させてくれ髪が生えてくるようになます。塗り薬なので十分な効果が得られなかった場合にはミノタブと言われる経口薬もあるので購入してみたください。発毛と育毛を同時に行うことでより高い効果が期待できるようになります。

Copyright© 2016 プロペシアはAGA治療の強い味方!