皮膚科でもAGA治療や薬の処方が可能なため、AGAクリニックが近くに無い場合、手段の一つにはいります。

プロペシアはAGA治療の強い味方!

皮膚科でのAGA治療方法は?

皮膚科は体の皮膚や爪、髪の病気が専門の病院です。AGAは頭皮の状態や髪の状態が関わる病気なので、中には皮膚科でAGAの治療を行っている病院もあります。
AGAクリニックは日本各地で増えつつあるものの、家の近くに無い場合や、またあっても医療保険が付かず高い治療費に手が出せない場合でも皮膚科を選ぶという点はあります。
ここではどのような診察を行えるかを紹介していきます。

1.カウンセリング

皮膚科では、カウンセリングを行い、頭皮の状態や家族からの遺伝などを調べていきます。
AGAは遺伝性のある病気で、主に親やその親の頭皮や薄毛の状態からもAGA診断には大きな指標となります。 主に髪の毛が薄くなる際に起こる炎症やかぶれなどの頭皮の状態を治療・改善するものになります。

2.頭皮の状態視診

医師の目や、ダーモスコープと呼ばれる拡大鏡を使い、生え際や頭頂部の毛の状態を観察します。髪の毛が細くなっているのはAGAが進行した状態だからです。
また、薄毛の進行状態を照らし合わせる方法を使います。それは、ノーウッド分類と呼ばれる薄毛状態を段階別に分類したもので、AGAの進行具合を判断する手段として一般的に使われています。

画像では左から右に行くほど進行したであることがわかります。

ノーウッド分類

3.治療薬の処方・生活指導

診察後に治療薬の処方が行われます。AGAクリニックと同様、プロペシアミノキシジルを処方し、抜け毛予防や頭皮改善に効果的な生活面のアドバイスを受けて、診察は一通り終了です。

皮膚科とAGAクリニックとの違いとは

診察時間

上記で診察の流れを説明したとおり、診察自体はとてもシンプルで10分は掛からないもので終わり、プロペシアやミノキシジルも処方されます。このため、治療薬の入手を目的に診察を受ける人もいるそうです。初診検査を含めても1時間も掛からないようです。
一方でAGAクリニックは(特に初診は)カウンセリングから検査まで事細かに調べるため、1回の受診で1時間半~2時間半も掛かることが多いようです。

診察費

AGAクリニックと比べると物足りなさを覚える人もいるでしょうが、皮膚科での診察料は比較的安価と言われており、細かい検査や診察以上のことを求めなければ皮膚科での受診が安くつくといえるでしょう。

AGAクリニックでは医薬品以外にも専門的な薬剤を使った治療(育毛剤や、成長因子などの注入)を行うところが多く、1回の治療で1万円を超えることも無きにしもあらずで、コスト面を比較するならば皮膚科の方にメリットが多く、またAGAクリニックが完全には全国に普及していないことも考慮すると皮膚科での治療も選択肢に入るかも知れません。

治療方法

その一方で上記で挙げたものは、AGAクリニックでしか受けられない治療もあるため、必ずしもどちらが良いか悪いかを決めることはできません。
例えば、栄養を頭皮に直接注入することでミノキシジルよりも発毛効果が高いとされている「HARG(ハーグ)治療」や薄毛部分にレーザーや超音波をあて、発毛育毛に良い成分を浸透させる「育毛メソセラピー」など、薄毛専門のクリニックならではの治療法もあります。

皮膚科でもAGAクリニックでも治療に必要な薬は処方してくれたり、皮膚科によってはAGAクリニックでも行われている「育毛メソセラピー」も行われていますが、AGA専門ではない(皮膚関連のひとつ)のため、担当の院長や医師しだいでは薄毛対策の幅が狭くなる場合もあるそうです。
(※皮膚科によってはAGA治療を行っていない点もあります)

店舗の数

これは仕方ない部分でもあるのですが、身近なところに病院やクリニックを含めて皮膚科が存在している点でしょうか。
AGAクリニックは近年店舗数が増えてきたとはいえ、まだ歴史そのものが浅く、全国展開しているクリニックも一部にはあるもののやはり皮膚科の方が圧倒的に多い状況です。
「近くにAGAクリニックが無い!」「遠方は片道1時間以上掛かる…」など、気軽に行けない人でも皮膚科ならこの問題は解消できると思われます。
ただし、上記でも説明したとおり、どの皮膚科でもAGA治療が可能というわけではないため、受診前に一度に確認を取っておいたほうが無難でしょう。

皮膚科でAGAを治療すると毛根は増える?

ただ、皮膚科では頭皮の状態を改善するなどといった治療が主で、抜け毛になった毛根の改善にはあまり適していません。
一部のAGAを取り扱う皮膚科を除いて、基本的には頭皮の環境を整えて現状維持をする程度となります。
なぜ皮膚科でAGA治療が行われているのかというと、そもそものAGA(男性脱毛症)のガイドラインを作成・公表したのが「日本皮膚科学会」だからです。皮膚科の学会の調査により、治療法における評価付け(推奨方法)を行っており、AGA治療に適した方法を明確にしています。
AGAが多くの人に知れ渡ったのは日本皮膚科学会によるものが大きいのです。
このため、皮膚科でもAGA治療が行われているのは自然なことなのです。

ただ、皮膚科はやけど、ニキビなど様々な病気も取り扱っているわけで、AGAだけというわけにはいきませんし、そもそもAGA治療は皮膚科においては必須治療ではないため、どの皮膚科も行っているというわけではありません。

こういった点もあることから、根本的に治療し、毛根の状態を正常に戻した状態で新たな発毛を目的とするならば、AGAクリニックに行くことをオススメしています。
AGAクリニックは専門的な知識を持つ医師や、医療設備が多数あり、治療環境が十分に整っています。この点はAGAクリニックならではといえるでしょう。

AGAクリニックの詳細はコチラ

皮膚科でAGAと診断されたら

皮膚科でもAGAの診察・検査は一応可能で、AGAと診断された場合には治療薬も処方してくれる所もあるものの、先述の通り、病院・クリニックの全ての皮膚科でAGAの診察を受けられるとは限りません。そんな中で、治療も可能な場所を探すとさらに店舗は絞られるでしょう。

皮膚科でAGAと診断された場合、もしかすると、AGA治療が可能なクリニックや皮膚科が近くにないといったケースもあるかも知れません。
そこで別の治療方法として、個人輸入によってプロペシアをはじめ、治療薬を購入して治すという方法があります。

この場合は、治療薬以外での治療(レーザー治療・頭皮注射など)が無くなる一方、高い診察・治療費を出さなくてもよいメリットがあります。治療薬で事足りる、もしくは交通費を抑えたいと言った場合には選択肢に入るでしょう。

AGA治療には長い期間を要するため、コスト面を考えた場合にはこちらがお得です。プロペシアには同じ成分ながらお買い得なジェネリック医薬品もありますので、お財布と相談しながらお得に購入しましょう。

プロペシアの詳細はコチラ

プロペシアの通販はコチラ

プロペシアの通販

Copyright© 2017 プロペシアはAGA治療の強い味方!

TOPページへ戻る