気になるプロペシアの改善率ですが、長く継続すればするほどその確率は高くなっています。

プロペシアはAGA治療の強い味方!

プロペシアの改善率

指とグラフ

今現在世界中でどこを探しても一番男性型脱毛症に効果的かつ安全な経口治療薬はプロペシア以外にございません。日本の薄毛の治療をしているどの病院へ行ってもプロペシアはほぼ処方されるでしょう。では現段階で一番有効的な男性型脱毛症の治療薬なわけですが、実際どのくらいの改善率があるのでしょうか?日本の販売元のMSDによると、日本国内で投与の試験を3年間に渡って行い、1年ずつの薄毛の改善の割合を記しており、その結果1年間で継続して服用した場合改善できたのは58%、状態がそのままの人は48%、薄毛がひどくなった人が2%となっています。そして2年継続した場合は改善確率が68%、3年継続するとなんと80%もの人が確実に改善したのです。これにより、プロペシアは長く続ければつづけるほど薄毛の改善率は上がるという事がわかったのです。今まで脱毛症の経口治療薬でここまで効果が得られるものはなく、確実性なものは初めてと言っても過言ではないでしょう。

長く継続することがポイント

マラソン

プロペシアの使用方法として、最低でも3か月は継続してくださいとされていますが、やはり長く継続させることはプロペシアで治療することにとって必須となっているのです。もし最初から3か月ではえてくるのでは?と期待しておいて思ったほど効果が得られず、そのまま治療を放棄してしまうのであれば最初から治療しないほうがいいのではないか?とさえ思えます。プロペシアは日本皮膚学会が発表している男性型脱毛症のガイドライン2010年版でもでも有効成分であるフィナステリドは一番評価の高いA評価です。このガイドラインは最近の脱毛症治療において科学的でないものの横行などから策定されたもので、プロペシアは科学的に証明されているれっきとした脱毛症の治療薬という事も同時にわかります。12項目の中でA判定だったものはたった2つであり、プロペシアとミノキシジルのみだったのです。

プロペシアは男性の治療薬

親指を立てる男性

ミノキシジルは男性女性ともにA判定だったのですが、プロペシアは男性はA、女性はD判定となっていました。これはフィナステリドは女性へは効果がなくさらに人体に対してもよくない事からの判定となります。特に妊娠中や、授乳中の女性への投与は禁忌とされています。

Copyright© 2016 プロペシアはAGA治療の強い味方!