AGAの原因である男性ホルモンのDHTを作り出す酵素をプロペシアの成分が阻害してくれます。

プロペシアはAGA治療の強い味方!

プロペシアの効果

プロペシアの効果

AGA(男性型脱毛症)に強い味方のプロペシアというものをご存知でしょうか?厚生労働省の認可も受け日本でも育毛クリニックや皮膚科などでも処方されています。現在ある男性型脱毛症の治療薬のなかでは一番発毛力があり、効果が期待できます。有効成分は、フィナステリドで5a-還元酵素阻害薬に分類されます。AGAですが、男性特有の脱毛症になるのですが、男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が原因でヘアサイクルが、通常よりも短くなり、脱毛しやすくなるとされてます。そのDHT(ジヒドロテストステロン)を生成する5a-還元酵素を阻害することにより、通常のヘアサイクルへと戻してくれるという仕組みになります。発毛の効果ですが、臨床した結果90%以上の方が脱毛の進行がとまったや、増毛がみられたと実感できているとの報告があります。

プロペシアの効果2

服用を始めて個人差にもよりますが大体3か月くらいで効果が出てくるとされています。最低でも6か月は続けて服用するようにしましょう。実感できないからと言って、服用をやめてしまうと、せっかく元のヘアサイクルに戻ろうとしてるのを防いでしまうということになります。

治療はいつから?

手を広げる男性

AGAですが、気にならない方にとっては全く気にならないものです。毛髪意外には何ら身体的症状は出ませんので、問題はありません。ただ、やはり若いうちから薄毛になってしまいますと気になるのが現状です。帽子をかぶったりしてさらに悪化してしまったなんてこともあり得ます。症状を放置してしまいますと、進行してしまいます。ではどれぐらいで治療を始めるべきなのかと言いますと、もしかしてAGAかも?と思った時に治療を始めるのがいいと思われます。早めに対処することにより、悪化するのを防いでくれます。

プロペシアのジェネリック医薬品

ジェネリック薬

この薬ですが、ジェネリック医薬品もあります。おなじ有効成分のフィナステリドが含まれていますので効能などは全く同じになります。プロペシアですが、保険適用外なので、ジェネリックなどを使用したほうが比較的に安価に購入できるので抵抗のない方にはジェネリックなどをお勧めします。最近では薬局などでジェネリックを進められたりします。同じ成分であるのなら、安いほうが持続して服用できるので、お財布にも優しくなってます。

AGAは治療することにより、進行を止めることが可能です、増毛も期待できますので、悩んでる方は試してみる価値はあるでしょう。

プロペシアの通販

Copyright© 2016 プロペシアはAGA治療の強い味方!