プロペシアのジェネリックはプロペシアと同じ効能や効果で非常に安価な値段で販売されています。

プロペシアはAGA治療の強い味方!

プロペシアのジェネリック医薬品について

ジェネリック薬

個人輸入などで海外からプロペシアを買うにあたって、一番安いのがジェネリック医薬品を選択する事です。インドのシプラ社が開発したフィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品で、効能や効果どれもまったく同じとなっています。なにが違うのかと言いますと、販売価格が全然違うのです。

先発薬と後発薬

秤

医薬品には先発薬と後発薬があるのをご存知でしょうか?先発薬とは製薬会社が一から有効成分を開発して作った新しい薬です。 そして後発薬とはその先発薬の有効成分を元に新たに他の製薬会社が作った薬になります。この後発薬のことをジェネリック医薬品というのです。ジェネリックとは英語で「ブランドに囚われない」「一般的な」などの意味をしており、いわゆるブランドは関係ないよ、などといった意味合いを込めています。いま日本でもジェネリック医薬品を推奨しており、その背景に莫大な医療費問題が見え隠れしているのではないでしょうか?なぜジェネリックだと、莫大な医療費問題が解決できるのか?それは先発薬に比べて後発薬はかなり安価に購入することができるからなのです。

なぜ効能や効果は同等なのにジェネリック医薬品は薬価が安いのか?

ジェネリック薬と正規品

先発薬を開発する時には大体9年から17年もの期間が必要となります。そして研究開発にかかるコストはなんと300億円もかかってしまうのです。これにより費用を回収そして利益を得るためには先発薬の薬価にそれらも含まれていることになります。そして後発薬ですが、その元から信頼や安心がある有効成分を元に開発しているので、開発期間も3年から5年、費用もなんとたった1億円で済むのです。これによりジェネリック医薬品は安価に販売することができるのです。


お財布を持つ女性

プロペシアは日本では保険適用外の医薬品であり、すべて自己負担となってしまいます。しかしフィンペシアなどの海外のジェネリック医薬品であれば病院へ行かず、非常に安価な値段で購入することができます。フィンペシアは1錠最低価格で36円程度で300日間分でも¥10,800で済むのです。これは病院へ行った一回の診察代プラス薬代と同程度の値段なので、どれだけお得なのかは一目瞭然となります。

プロペシアの通販

Copyright© 2016 プロペシアはAGA治療の強い味方!