プロペシアのジェネリック医薬品を紹介していきます。同成分ながらかなりのお手頃価格で入手することが出来ます。

プロペシアはAGA治療の強い味方!

プロペシアのジェネリック医薬品とは

色々な薬

プロペシアは、現在複数の製薬会社からジェネリック医薬品(後発医薬品)として製薬・発売されています。
ジェネリックとは、先発医薬品を製造したメーカーが特許として取得した構造や有効成分を元に、他の製薬会社が製造・発売する医薬品のことを指します。
元々ある医薬品を元にして製造する手法のため、開発期間が短くコストも安く抑えられ安価に提供できるため、製薬側も消費側もどちらもメリットのある医薬品なのが特徴です。

先発薬と後発薬

ところで、医薬品には先発薬と後発薬があるのをご存知でしょうか?
先発薬とは製薬会社が一から有効成分を開発して作った新しい薬です。そして、後発薬とはその先発薬の有効成分を元に新たに他の製薬会社が作った薬になります。この後発薬のことをジェネリック医薬品というのです。ジェネリック(generic)とは英語で「ブランドに囚われない」「一般的な」などの意味をしており、いわゆるブランドは関係ないよ、といった意味合いを込めています。
いま日本でもジェネリック医薬品を推奨しており、その背景に莫大な医療費問題が見え隠れしているのではないでしょうか?なぜジェネリック医薬品だと、莫大な医療費問題が解決できるのか?それは先発薬に比べて後発薬は、開発期間・費用が先発薬に比べるとかなりのローコストであるから。それにより、安い値段で消費者に提供できるのです。。

プロペシアのジェネリック医薬品の種類

プロペシアのジェネリック医薬品は現在、日本国内、国外から多数発売されています。
先発薬であるメルク社の「プロペシア」が元になっているので、成分量や副作用などに差は全くありません。
ただし、製薬方法は各国の各メーカーで生産されているため仕上げ加工方法が異なる場合があります。
同じジェネリック医薬品なのに、見た目やコーティングが異なるのはその様な理由があるからです。

現在発売されているプロペシアのジェネリック医薬品((株)省略)
国内 国外
薬品名メーカー 薬品名メーカー
ファイザーファイザー フィンペシア(Finpecia)シプラ(Cipla)
トーワー東和製薬 エフペシア(F-pecia)シプラ(Cipla)
サワイ沢井製薬 フィナックス(FINACKS)スマート(Smart)
クラシエクラシエ製薬 フィナロ(FINALO)インタス・ファーマシューティカル(Intas Pharmaceuticals)
SNシオノケミカル フィナスト(Finast)ドクターレディー(Dr.Reddy)
武田テバ武田薬品工業 フィナロイド(FinaLloyd)ロイドラボラトリーズ
(Lloyd Laboratories)

ちなみに国内販売のジェネリック医薬品は、病院で医師のみが処方できる「処方箋医薬品」となっているため、通販サイトで購入することは不可能です。また、厚生労働省の通達で「薬品名+剤形(錠剤、カプセル剤等)+含量+会社名」に統一されています。
国外からのものは個人輸入が認められているため、通販サイトで購入可能です。
ただし、個人輸入の中にはいわゆる「偽薬」と呼ばれるものも存在するため、購入の際には気をつける必要があります。

通販で買えるAGA治療薬の詳細はコチラ

プロペシアのジェネリック医薬品の副作用

基本的にはプロペシアを元にしていて同成分のため、ジェネリック医薬品だろうと副作用は本家のプロペシアと同じものになっています。大きな副作用が無く、小さな副作用が見られる点も本家と同じです。

副作用についてはコチラ

プロペシアのジェネリック医薬品の価格

お財布にもやさしい

ジェネリック医薬品は先発薬に比べると値段は7~8割安く、相場では安くて30錠分で1,500円から買うことが出来ます。これは、ジェネリックという医薬品の特徴が大きく関係しています(特徴は後述)。

プロペシア自体は日本では保険適用外の医薬品であり、すべて自己負担となってしまいます。しかしフィンペシアなどの海外のジェネリック医薬品であれば病院へ行かず、非常に安価な値段で購入することができます。フィンペシアは最安でも1錠36円ほどで300日間分でも10,800円で済むのです。これは病院へ行った一回の診察代プラス薬代と同程度の値段なので、どれだけお得なのかは一目瞭然です。

なぜ効能や効果は同等なのにジェネリック医薬品は薬価が安いのか?

先発薬を開発する時には大体9年から17年もの期間が必要となります。そして研究開発にかかるコストはなんと300億円もかかってしまうのです。これにより費用を回収そして利益を得るためには先発薬の薬価にそれらも含まれていることになります。それだけコストが途轍もなく大きいのです。

また、膨大な年月・コストを掛けて完成した薬を、他の会社が、薬そのものの構造をそのまま真似して安い薬を販売することで、元の開発会社に利益はもちろん、研究や試験に掛かった費用を回収できず、赤字を抱えてしまいますし、そもそも、決して低くないリスク・費用を持って新薬を作るのですから、易々と技術や製法をパクられては作る気になれないでしょう。
医薬会社には、開発した新薬の化学構造や製造方法についての特許を出願し、認可後20年間は開発メーカーが製造・販売を独占できるのです。独占することで、すぐに製法を横取りされる心配もなく、安心して、利益を得られ、売上からも開発費用を回収できるということなのです。

後発薬は特許が切れた後に、先発薬の成分・構造その元から信頼や安心がある有効成分を元に開発しているので、開発期間も3年から5年と短く、費用もなんとたった1億円で済むのです。これによりジェネリック医薬品は安価に販売することができるのです。

プロペシアのジェネリック医薬品は通販ならお得に買える!(まとめ)

ジェネリック医薬品は先発薬の構造を元に開発されているため、開発側のコストが少ない分、購入側のコストも低く抑えられた、実にWIN-WINの関係なのです。ジェネリック医薬品が登場したことにより、それまで金銭面で踏み出せずにいた人にも手が届きやすくなったメリットもあります。
このサイトで扱っているプロペシアは、服用を中止すると抜け毛が再び進行してしまいます。長期的に服用し続けることが必須で、その分のコストを考えるとジェネリック医薬品も選択肢に入ると思います。

ただし、ジェネリック医薬品の種類でも説明した通り、海外輸入通販サイトの中にはジェネリック医薬品と偽り、見た目そっくりで効果の無い「偽薬」を販売している不正なサイトもあります。実物確認が出来ない分、購入の際は安全・安心の大手通販サイトを利用することをオススメします。

プロペシアの通販

Copyright© 2017 プロペシアはAGA治療の強い味方!

TOPページへ戻る