フィンペシアの効果と副作用について紹介していきます。プロペシアのジェネリック医薬品として知られていますが、実は価格が安く経済的にも負担の掛からない薬なのです。

プロペシアはAGA治療の強い味方!

フィンペシアの効果

フィンペシア

フィンペシアはインドの製薬会社シプラ社が製薬したAGA治療薬でもおなじみのプロペシアと同じフィナステリドを有効成分としたジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品を製造した構造や有効成分をベースに、他の製薬会社が製造や販売をしている医薬品をさします。製造直後は製薬会社がその薬に対する製造方法・有効成分などのマニュアルに一定期間特許を取得し、特許が切れると、そのマニュアルを自由に見たり使ったりすることが出来ます。

これにより、メーカー側は開発費や開発期間が短縮され低価格で販売することができ、購入者側は先進薬よりも安い金額で購入することができるのです。

フィンペシアの効果ですが、プロペシアと同様に、AGAの原因である『ジヒドロテストステロン(DHT)』の結合に必要な男性ホルモン「テストステロン」と「5αリダクターゼ」のうち、「5αリダクターゼ」に(薬に含まれている)フィナステリドの成分が働きかけます。
これにより、結合を防ぐことでき、結果、ジヒドロテストステロンの増加を抑え、AGAの進行や髪の毛の後退を防いでいきます。フィナステリドによってジヒドロテストステロンが減少し、ヘアサイクルの乱れを正常な状態へと促すのです。

フィンペシアはプロペシアと同成分で出来た薬ということもあり、効果に関しては殆ど差はありません。そのため、服用に関しても同様で毎日飲みつづける必要があります。
即効性のある薬ではありませんが(フィンペシアに限らず、先発薬のプロペシアなどフィナステリド成分が含まれたものはどれもそうです)、長い期間(早くて6ヶ月間)飲み続けることによって初めて効果が現われる薬です。

反対に服用を中断すると、ジヒドロテストステロンの分泌が再開されますので、すぐに効果が出ないからといって中断してしまうのは禁物です。効果が実感出来ないことで苛立ちや焦りを覚えると思いますが、根気良く治して行きましょう。

プロペシアの詳細はコチラ

ジェネリック医薬品の詳細はコチラ

フィンペシアの副作用

プロペシアと同様に、フィンペシアにも大きな副作用は見られず、眠気や頭痛、腹痛、消化不良などの医薬品にありがちな軽めの小さいものばかりです。
大きな副作用として、性欲減退、精子量の減少、勃起機能の低下、肝機能の障害があります。
…とはいっても発症率は極めて低いため、用法・用量を守って正しく使用すれば問題はありません。

その理由として、薬の成分そのものの含有量が少ないことが理由として考えられています。プロペシアやフィンペシアの有効成分であるフィナステリドは1mgなのですが、プロペシアの元となったプロスカー(前立腺肥大の治療薬)に含まれるフィナステリド比べると、プロスカーの5分の1に抑えられています。

フィナステリド1mgにおける副作用の発症率は、約1.5%~4%という臨床試験の結果が出ています。
市場に出回っている、プロペシアやフィンペシアは1mg、プロスカーは5mg。こう比較してみるとどちらが副作用が出易いかは判ることでしょう。
ただし上記の発症率は正しく服用した場合のものですので、決められた量以上の服用は、医薬品なので当然ですが副作用のリスクを上げることに繋がりますので注意しましょう。

また、女性や子供が触れないようにしてください。皮膚からフィンペシアの成分を吸収してしまうため、これにより特に妊婦のお腹の中の胎児に影響を及ぼす可能性があります。

フィンペシアについて

フィンペシアはプロペシアを元にしたジェネリック医薬品ということもあり、AGA治療薬の中では人気の高い薬です。
人気の理由の一つに、やはり価格の安さがあるのではないでしょうか。先発薬よりもとても安価で購入することができるため、特に所得の低い途上国においても需要は高いようです。同じ効果で価格が安いなら、迷わずお得な方を選んじゃいますよね。

その一方で、以前はフィンペシアには悪いうわさも立っていたことがありました。もちろん、これはネットなどの口コミで嘘の情報が拡散されてしまったことが原因なのですが、それによって一部仕様を変えた新しいフィンペシアが発売されて現在に至ります。
そんな、きっかけ?にもなった悪いうわさも含めて紹介していきます。

フィンペシアは低価格

低価格で発売出来る理由は先ほども紹介したとおり、メーカー側の低コストがそのまま購入者側の低価格につながっているからです。相場から比較してみると、プロペシアが1錠あたり180円前後なのに対し、フィンペシアは24円前後と、なんと8割近くも安くなっているのです。

元々、AGA治療は頭皮のヘアサイクルとの関係で、服用から効果が現われるまで最短でも半年という長い期間かかるため、薬に掛かる費用はどうしても高く付いてしまいます。
現在販売されているAGA治療薬は一番多いもので1箱28錠(1日1錠服用・約1ヶ月分)であり、少なくとも治療には6箱分必要になるということです。
プロペシアではどうしても値が嵩んでしまうこともあり、家計の経済状況からフィンペシアを選ぶ人もいるようです。

フィンペシアとキノリンイエローとの関係に関するうわさ

フィンペシアについては発売後からあらゆる噂が聞こえてくることがしばしばあります。

中でもキノリンイエローという、黄色の着色料が使われたことで一時期問題となったことがありました。
キノリンイエロー(Quinoline Yellow WS)とは、タール色素という染料・合成着色料に分類され、主に食品や医薬品・化粧品で着色料として使われているものです。
日本でも使用は厚生労働省が認められているものの、食品に関しては安全性の問題から現在は添加することが禁止されています。

なお、キノリンイエローと言っても、見た目は白い錠剤のため、キノリンイエローが含まれているかどうかを目で見分けることは出来ません。

医薬品では禁止されていないため、特に規制などはされておらず、現在でもキノリンイエローを使用している医薬品もあるそうです。
現在は製造されていませんが、フィンペシアでも過去にキノリンイエローを着色料に使用して発売されたことがありました。
そんなフィンペシアですが、どんなことが噂されているのかといいますと、

「キノリンイエローには発がん性の物質が含まれている」

…のだそうです。

結論から言うと、事実無根のガセです。

厚生省からの省令でも医薬品での使用も認められているほか、食品安全委員会による調査でも発がん性を含めて「中毒症状」は確認できなかったという結果が発表されています。
そもそも「発がん性物質が含まれている」という話自体も誰が言い出したのかも判りませんでした。
ネットやあらゆる場所での噂が間違った見解を生んでしまったと言えるでしょう。

新旧フィンペシア

そんな噂があったのかは定かではありませんが、2014年ごろから現在にかけて、キノリンイエローを含まないタイプのフィンペシアが市場で出回っています。キノリンイエローを含んだフィンペシアは生産自体は中止されましたが、医薬品サイトによっては在庫が残っているところもあるようです。

外国から輸入した薬のため、日本人に取ってはどう区別したら良いか分からないという方も多いでしょう。
見分ける方法としては、まず薬が入った「パッケージ(箱)」に文字が赤紫系の文字で印刷されたもの(旧タイプ)から緑の文字で印刷されたもの(新タイプ)に変更されて違いが分かるようになっています。
また、パッケージの後ろ部分にも、キノリンイエローを含んだフィンペシアには、「Quinoline Yellow WS」と書かれています。これも見分ける方法の1つです。
そのため、発がん性物質に対しての心配はありません。

フィンペシアは通販ならお得に買える!(まとめ)

フィンペシアはプロペシアよりも同じ成分ながらよりお得に購入が出来、長い目で見ると、万単位のおつりが帰ってくることもあります。
さらに通販を上手く活用すると、お得さがより増すことでしょう。

フィンペシアは数年前までは錠剤の色(着色料)に対する根拠の無い理由で、あまり良くないという先入観のマイナスイメージが付いてしまっていたのですが、現在はキノリンイエローを使わないタイプの薬が市場に出回っており、安全面についてはより良い方向に向かっています(そもそもの根拠が無いため安全面と書くのもなんですが・・・)。

日本ではジェネリック医薬品自体がなかなか定着していないため、普及率は現状43.1%とまだまだこれからといったところですが、実は海外各国では幅広く使用されている薬なのです。見た目は少し違うといっても成分の大部分は先進薬と同じものを使用しているため、効果に差はほとんど無いようです。

AGA治療は治療までに時間と期間を要する根気の要る作業です。・・・となると薬代にコストが高く付くのは間違いなく、プロペシアでは治療を継続出来るかどうかはお財布との相談になるはずです。
そんなときにフィンペシアの通販購入が役に立つでしょう。
相場としては1錠辺り45円から、まとめ買いで40円を切ることも可能なようです。

当サイトで紹介しているお薬なびでの値段によると、

内容量 販売価格 (価格/錠)
30錠 1,350円 45円
100錠 4,250円 42円
200錠 8,000円 40円
300錠 10,800円 36円

となっています。30錠買うのと300錠買うのとでは差額が2,000円以上もあり、つまり30錠分のタイプが1セット分タダで買える計算になるのです。1日1錠を服用ということなので、治療に掛かる期間を考えると、300錠(約6ヶ月分)がオススメといえるでしょう。 プロペシアではちょっと値が張るから・・・と購入をためらっていた方にはフィンペシアがオススメです。

フィンペシアの通販はコチラ

Copyright© 2017 プロペシアはAGA治療の強い味方!

TOPページへ戻る